ニュース&コラム

この記事をシェアする
話が上手になるポイント!

  なぜうまく話せないか? 雑談なら、OKも、まとまった話をしようと思うと、うまく話が、進まないのはなぜでしょうか?

次のようなことが考えられます。

1・苦手意識が強い話が下手と思い込み、失敗するのを恐れている。経験が少ないため、緊張して尻込みしてしまう。

2・話題がない、見つからない話す内容を思いつかない。出来事や物事に無関心で興味なく、話題が乏しい。

3・話す方法がわからない。 何をどのように話せばよいのかわからない。話の組み立て方や表現の仕方がわからない。

◎では、どのような方法で克服するのか一例

1・苦手意識が強い場合:まずは「話してみること」何度も場数を踏むこと。「上手に話そう」と構えないで「下手でも正確に一生懸命に話すこと」緊張しても、あがっても逃げ腰にならないで機会があるごとに話し続ける。慣れて自然に話せるようになってくる。

 2・話題がない見つからない場合:話題を探すことをしていない。日常の身の回りの出来事や、雑誌、新聞、本、テレビ、ラジオなど見たりきいたりすれば話題にこと欠かないはず。

 3・方法がわからない場合:話す学習、練習で身につける努力を怠らない。

 

体験レッスン

滑舌・声の悩みをお聞かせください

出張レッスン ライブラリー 司会・アナウンス業務

エポックボイストレーニングスクール 電話

エポックボイストレーニングスクールへのお問合せフォーム